あとがき

---- 動画掲載を始めて、早や2回目となりました。
やはり映像の力というのも侮りがたく、指の運びや演奏姿勢をよく眺めてみると、
今まで無頓着だった部分に気付かされることがあります。

---- それらは必ずしも欠点ばかりではありませんが、
正すべきは正すのが当然としても、あまり見た目ばかり気にするのも良くないとも思います。
そういった自意識ばかりが肥大化していくと、肝心の中身が空疎になりかねないと考えるからです。

---- と言っても、なりふり構わずに音に集中するだけでは、これまた見苦しいところが出てくるかとも思いますし、
そのあたりのバランス調整は存外に難しいのかもしれません。
ともあれ、そういった事柄にも留意しつつ、引き続き動画撮りに励んでいくつもりです。

ありがとうございました。次の更新は7月末予定です。
なお、この満月をクリックすればトップページに戻ります。

----- 梅本雅弘

(追記/自己紹介)
----1952年奈良県大和高田市生まれ(出生当時の我が村は天満村字奥田と呼ばれていた)
1972年から1975年までスペインのアリカンテでギターをホセ・トマス氏に師事。
当地のオスカー・エスプラ音楽院で和声学など楽理一般を学ぶ。
1974年アリカンテ国際ギターコンクールで優勝。ホセ・ラミレス氏製作のギターを贈られる。
特に師のトマス氏発案による8弦のギターを愛用して現在に至る。
最近は第2のプロフェショナル技能としての楽譜製作の仕事も少し受注しているが、
原点のギターに、迷わず奮闘中。